SAMPLE SEARCH

推奨レシピ⑤ ローストチキン(オイルと岩塩)漬け込みバージョン

アボガドオイルは栄養が高く、加熱しても栄養が減らない点から注目されている油です。
オリーブオイルよりも癖がないので、いろいろな料理に使えます。
また、岩塩は旨味とまろやかな甘みが特徴です。塩気はお好みで調節してください。

——— 材料 ———
手羽元付きむね肉:1枚
岩塩:3g
にんにく:1/2片
焼き用油(アボガドオイル・オリーブオイル)
胡椒:適量
フレッシュハーブ(ローズマリー・セージ・ローリエ)


付け合わせ(約2人分)
ズッキーニ半分、赤パブリカ半分、長芋10cm位
長芋漬けおき用 酢 少々

——— 作り方 ———

1.鶏肉は皮面でないほうに切り込みを入れて左右に開き、肉厚を平にする
 手羽元の骨にそって切り込みを入れる(加熱時に跳ね上がりを防ぐtあめ)
2.水220gに塩5gとかしたチャック付きの袋に入れ、冷蔵庫で5時間寝かす。
3.冷蔵庫から取り出し、常温で30分おく
 (室温にする事で加熱時間を短くできます。)
4.にんにくは薄切りにする
5.ズッキーニとパブリカは棒状に切る
6.長芋は皮をむいてから1.5cm位の輪切りにし、星形に抜き、酢を少々入れた水に約5分間漬けておく

SAMPLE SEARCH SAMPLE SEARCH
SAMPLE SEARCH SAMPLE SEARCH

7.フライパンに油を入れ、にんにくを入れて焦がさない様に焼く。
 火を止めて取り出しておく(油を使います。)
 ※にんにくは盛り付けの際に使います。
8.鶏肉に胡椒を両面ふる
9.⑦のフライパンの荒熱がとれたら、鶏肉の皮面を下にしてッハーブと一緒に入れ火をつける(弱火)
 ※蓋をすると、パリッと焼きあがらなくなります。
10.皮面がパリッとするように上から押しながら焼く 約5分
11.裏返して周りに付け合せの野菜を回り入れて弱火で焼く 約12分
 ※竹串をさして、透明の汁が出れば焼き上がりです。

SAMPLE SEARCH SAMPLE SEARCH
SAMPLE SEARCH SAMPLE SEARCH
SAMPLE SEARCH SAMPLE SEARCH